経緯

瀬田漕艇倶楽部がミニFMレンタルサービスを始めたのは、以下のようなきっかけによります。

ボートレースでは、直線1000m、或は2000mという細長いコースに面した形でレース会場が設けられます。そのため、拡声装置での会場内放送は、近隣の地区に対して騒音公害となっていました。

これを改善するため、平成10年の朝日レガッタにミニFM放送を用いた会場内放送が導入されました。これ以来、ミニFMレンタルサービスを瀬田漕艇倶楽部で運営しています。

この文書の情報